大人にきび・正しい・洗顔方法

大人にきびの正しい洗顔方法

大人にきびの正しい洗顔方法を紹介します。

 

大人にきびが悪化する原因の一つが間違った洗顔方法にあります。

 

思春期にできるにきびならいざしらず、
過度な洗顔は大人にきびをさらに治りにくくする原因にもなります。

 

そこで大人にきびの正しい洗顔方法なんですが、

 

まず最初に洗顔料は、
「界面活性剤」などの石油を使用していない天然の無添加石鹸を使用するようにしましょう!
アロエや大豆や天然のクレイ(泥)系なんでもいいです。

 

なぜならばシャンプーや洗剤もそうなんですが、
界面活性剤は非常に洗浄力が強く、洗顔によって余分な皮脂まで取り除いてしまうからです。

 

それによってお肌は乾燥を招きます。
乾燥は大人ニキビにとっては非常によろしくありません。
お肌が乾燥状態になると皮膚のバリア機能が働いてさらに皮脂分泌を活発にさせてしまうからです。

 

チェック正しい洗顔方法

@泡立てネットでよく泡立ててもこもこ泡を作る

 

A肌にのせて指の肉で洗うのではなく泡で洗うように優しく洗う。(ゴシゴシ洗わない)

 

B洗顔後タオルをごしごしこすりつけて水分を拭き取らない。(ぽんぽんとたたくようにして乾燥をさせる)